フリーエンジニアの将来設計と準備の違い

フリーエンジニアとして仕事をする際には、その将来設計を立てなければなりません。
全体的な傾向として、加齢に伴って仕事の依頼が減ってしまいがちであることから、将来的に収入が不安定になってしまうことを想定して、その際の身の振り方を考えておくことが重要になるのです。
その典型的な方法が企業に職を求めるという方法ですが、どういった仕事を担っていくことを考えるかによって、そこに至るまでに身につけるべき能力も経験も大きな違いが生じます。

一つには、転職先を探す上で定年になるまで働くことができる現場での仕事を追い求めるという方法であり、インフラエンジニアとなってシステムの維持や管理の仕事に就く道や、Web業界でWebエンジニアとなるといった道が選ばれます。
それぞれに応じたスキルを獲得することが重要であるとともに、フリーエンジニアとして同種の仕事を経験しておくことが将来の転職に向けて有望な手段になります。

一方で、プロジェクトマネージャーやより上位の管理職を目指す方法もあります。
その場合は、適切な現場経験を積んだ後で、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーとしての仕事を請け負うことにより現場のリーダーとしての能力を開拓していくことが重要です。
そうすることによって、企業からのスカウトが受けやすくなり、直接管理職として起用される可能性が生まれます。
スカウト募集の際に、キャリアとできる経験を積むことが不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です